引っ越し料金は削減できる

引っ越しすることが決まったらまずは引っ越し業者を探し日程を決めなければいけません。
出来れば安く引っ越しをしたいと思う人はほとんどなのではないでしょうか。
引っ越し業者の質も良く、引っ越し料金を安くするにはどうすればよいのでしょうか。

まず引っ越し料金は、引っ越しする日程や時間によって異なってきます。
休日よりは平日のほうがやはり料金は安くなります。
また引っ越しが最も多い春先などを避ければ割引が適用されることも多いですね。

業者によっては出来るだけ早く予約することで割引が受けられるところもあります。
また引っ越しする時間帯によっても料金が変わってくることがあります。
多くの引っ越しは午前中に行われることが多いものです。

お昼には引っ越しが完了し、その後ゆっくりと家の中を掃除したりもできるので午前中は人気です。
逆に午後の時間帯から引っ越しをするという人が比較してみると少ないので引っ越し業者も割引制度などを設けています。
ただ、午後の場合移動時間が長い場合は作業終了が夜間になってしまうこともあるため比較的近距離への引っ越しの際に向いていると言えます。

休日の午前中と、平日の午後との引っ越し料金は大きく差があるんですよ。
それから付帯するオプションなども料金を左右させます。
梱包などは自分で行うことができれば梱包代は削減することができますし、保険なども種類によって料金を安くすることができます。

エアコンの着脱など素人ではできないオプションは仕方がないのですが、少し頑張れば自分でできると判断した場合にはできるだけ不要なオプションはつけないことが安く引っ越しするコツとなります。

インターネットで検索すれば引越し業者人気ランキングが掲載されてますので、お得な業者を探せると思います。

こちらのブログで紹介している人気ランキングは・・・

1位「アリさんマークの引越社」
2位「アート引越センター」
3位「サカイ引越センター」
4位「ヤマトホームコンビニエンス」
5位「ファミリー引越センター」

という順番になってます。
※ちなみに4位のヤマトホームコンビニエンスとは、クロネコヤマトのことです

また引っ越しは荷物の量によっても料金が変わります。
使用するトラックの大きさで基本料金が異なる業者も多く、出来るだけ荷物を少なくすることで想像以上に引っ越し料金を下げることが可能となってくるんです。

日常的に使用するようなものはもちろん必要ですが、「いつか使うかもしれない」「使わないかもしれないが捨てるのはもったいない」というものは思い切って捨てるのも賢い引っ越しの条件となってきます。

今まであまり使用しなかったもの、ほとんど使用しなかったものは引っ越し先でもきっと同じ状態です。
使わないものにお金をかけるより、必要なものだけを厳選して安く引っ越しし新たな生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

このようにちょっとした工夫で引っ越し料金を抑えることは可能となっています。
無駄な出費を削減しお得に快適に引っ越しをしていただきたいと思います。

季節によって料金がだいぶ違う

引っ越しは忙しい時期があるというのはわりと有名な話ですよね。
新学期に備えたいって思っている人が多いですから、2月から3月の年度末が引っ越し業者にとっての繁忙期なんです。
だからこの季節の引っ越しはどうしても料金も少々割高だったりしますし、いざ引っ越しをと思っても、予約でいっぱいだったり。
そんなケースも珍しくなかったりするんですよね。

繁忙期だから仕方ない話でもあるんですけど、これは一応覚えておいた方がいい事ですね。
年度末に引っ越しをと考えているなら、寸前ではもう引っ越し業者は見付からないでしょうね。
結局4月にずれこむパターンになっちゃうでしょうから、年度末の引っ越しは早め早めに動かないとまずいですね。

あとは作業面でも季節の問題があるんです。
これはデリケートな人とか潔癖症の人は覚えておくべきでしょう。引っ越しの作業は機械がするんじゃないんです。
人間が、原始的に行ってくれるんです。

だから夏場の作業になると引っ越し作業員の人は汗だくで懸命に作業してくれるんですけど、それがあまり好ましくないって人もいると思うんですよね。
新居に作業員の汗が滴るのはやっぱりあまり良いものじゃないでしょうし、家具とかに汗がこぼれる。
これもあんまり良いものじゃないでしょう。

その点、冬の作業ともなると汗もかかないでしょうから、そのような心配はないでしょうね。
特に冬の場合、寒いですから作業員も自分自身を暖めようと、必要以上に頑張ってくれるケースだってあります。
これだけ聞くと冬場に引っ越しを行った方が良いのではないかとも思うでしょう。
ですが引っ越しはいつ行うのか解らない部分もあるのではないでしょうか。

・春が多いのも…

冒頭でお話したように、年度末の引っ越しが多いのはたまたまその時期に多くなるのではなく、新年度からの生活に備えてその時期に引っ越しを依頼する人が多いからです。
ですが、それ以外の季節で引っ越しを行う人は少数派でしょうが、その場合はその時でなければならない理由があるでしょうね。

だから年度末まで待つとか、他の季節まで待つといった事は出来ないケースが多いと思うんですよね。
だから季節によって微妙に異なる特徴を覚えておく事が大切だと思うんです。

夏場の場合は汗っていう現実的な問題と戦わないといけないですから、タオルを用意してあげるとかするとある程度は防げるかもしれません。
このような事情を知っておく事で実は防げる事なのです。

 

 

スポンサー広告
浮気 離婚 慰謝料